というわけで、マジレンジャー&ヒビキ(2回目)とタッチを観てきました。

マジ&ヒビキは一度観たおかげで今回はまた違った楽しみ方ができましたよ。
今回は(も?)視線はとにかくヒカル先生へ一直線。たまにちぃ兄に浮気(笑)
そして大注目のEDは最初っから最後まで左端=ヒカル先生しか観てませんでした。だって先生、スタッフロールの字幕がかぶらないというナイスポジションなんだもの!あれはもう注目どころか凝視に近かった。
ちなみにアクションシーンはひたすらレッドを追う私の目。アクターの高岩さん好きなんです…。

そしてヒビキ。
前回は気付かなかったけど、ちゃんと聴くとヒビキさん明日夢くんの名前呼んでましたね。はて、本編で名前呼んだっけ…?どちらかといえば“少年”という呼び方のほうが好きなんだけどな。

ついでなので、個人的に先生と殿のたまらんかった台詞。
「さぁ、今日の授業を始めようか」
「マジカルショータイムの始まりだ」
「うん、100点だ」
「こんな生活飽き飽きしてたんだよねー」
「苦しゅうない。…あの世へ行け!」
「いーのかなー、そんな奴仲間にして」

もう、二人とも大好きだっ!!


続いて『タッチ』の感想。

とりあえず一言。
やっべー、南ちゃん超かわいいんですけど…。
いやマジで、双子もよかったけどね、印象は南ちゃんの勝ち。泣きのシーンとかキャッチャーの時が特に好きだな。
私的ナイスキャラ賞は達也の友人・原田。サンドバッグを打つシーンとかカッコよかったし、バンカラがステキでした。
あとパンチ(犬)。とりあえずでかい。すげーもふもふ。クッションみたい。あれなら実物大ぬいぐるみほしいな…(笑)
そして、私の本命(笑)ながやん。帽子をかぶると誰が誰かわからないので目を皿にして探しました。パンフレットでは、とりあえず髪が短かった。そして制服。……なんか、ちゃっかりいいポジションでかなりでかでかと映ってましたよ。悶絶するのをこらえるのが大変でした(汗)
あとインパクトがあったのは欽ちゃん。いやー…あれはびっっくりしたね。登場した瞬間劇場内にくすくす笑いが起こった。でも楽しかったのでヨシ。

さて、逆境ナインもタッチも観たし、残るはアストロ球団!見たいんだよな〜。ビデオレンタルされないかな〜。