ブログネタ
3.11 東日本大震災について話そう に参加中!
長いようで短い、そんな感じの時間でした。
東日本大震災から2年。
今朝は寒の戻りで、カーテンを開けたら外が白くなっていて驚いたけど、そういえばあの日も地震の後に雪が降ったなー、と朝からほんの少しだけしんみりしたり。
ふとした瞬間に、今日で2年なんだと思いながら過ごした一日でした。
…といっても、地震発生時刻の14時46分はexcelとにらめっこしていて気づかずに終わりましたが(苦笑)
当時の日記を読み直してみたらやっぱりどこか危ういし、今だから言えることだけけど、あの頃は不安が大きすぎて寝るときにはいつも泣きながら「死んでしまいたい」と考えていたんですよね。
自分よりつらい思いをした人はたくさんいたはずで、わたしが失ったものは仕事だけだったのに、それなのに生きていることから逃げたくてしょうがなかった。
まあ、それからいろいろあってなんとか現在の仕事につくことができたし、新たな知人や友人もできて、わたしはとても幸運だったんだと思いました。
今、テレビで見る津波は、ある意味非現実的な「映像」なので見るのは平気です。
でも携帯に保存されている津波の写真は、不思議と記憶をよみがえらせます。
忘れられないし、忘れたくない。
あれは、そういう出来事でした。

なんか、今日だけは少し弱気になってどん底に落ちてもいいかな、と思ってこの日記を書きました。
感傷にひたりすぎてスミマセン。
明日からはきっと通常運転です(笑)