3年前は、今とは違う職場で仕事をしていました。
地震が起こって最初はいつおさまるかなーくらいに思っていたけれど、棚やガスボンベが倒れ始めたあたりからこれはまずい!と認識して、廊下でひたすら揺れに耐えていました。
おさまった後はみんなが外に出てきて、市役所に避難するといわれたときは「なんで中の片付けをしないで避難するんだろう?」と思ったんですよね。
なんせわたしは生まれてこの方ずっと内陸育ちで、『地震がきたら津波がくる』という認識がなかったから。
一応、車にのせてもらって避難場所へ向かったけれど、運転手ともども場所がわからず会社へリターン。ここで、車からおろしてもらった後に歩いて帰るという選択をしていたら、間違いなく津波にのまれていたでしょうな。

あと、その日はたまたま歯医者に行く予定があって前日にお金をおろしていて、普段より現金を持っていたり、数日前に職場で避難訓練があって賞味期限が近かった緊急用のパンの缶詰をもらっていたりと、今さらながら、いろんな偶然に助けられて今生きているんだなーと感じています。

一昨年の日記は、書いていませんでした。前後の日記はいつもどおりだったから、たぶん、重すぎて書けなかったのかな。
去年の日記は、自分で読み返してもびっくりな凹みっぷり。あの頃はなにがあったんだ(笑)
今年は、なんとなくフラットな気分です。いいことなのか悪いことなのかわからないけれど。

来年はどうなっているだろう。